Blog Archive

Monday, 27 July 2015

"What means living in Fukushima"

Poem : "What means living in Fukushima"

Sometimes it annoys me when I hear:
"Do not eat Fukushima Fukushima".


Sometimes it disgusts me when I hear:
"How do you want people in Tokyo to eat Fukushima products when Fukushima people do not eat them themselves there? "


I trembled with rage when I heard:
"You are like a murderer if you keep children in Fukushima."


Who would keep his children here with the intention of murdering them?
We have no way to leave this place without the evacuation right together with compensation.


The brown rice of Mr. Nakamura which measures 3 becquerels
Radiation was not detected after removal of its husk.
I ate it.


Radioactivity in a public garden after its decontamination is 0,05μSv / h.
I have let my kid play there.
But not at the river banks because the radioactivity is still high there.
 

After playing outside, wash hands and gargle.
Do not lick. You'll be irradiated.

 

But instead
In summer, I'll take you to the island of Sado * for you to play outside as much as you like.

 
We repeat endlessly.
"To measure radiation, to understand, to think and to decide." 
This is living in Fukushima.


The radiation measured results have dropped.
But when compared with the radiation measured levels before the accident or with those in western Japan, they are still high. There is a limit to their reduction.


This is why we live taking health holidays, 
taking care and paying attention.


Now, they say,
That "there is no problem up to 20 mSv / year."
That "we stop housing assistance in 2017"
That "we help those returning **".

Those who caused the accident do not fulfill their responsibility,
and they decide to stop helping, abandoning us.


With risk or without risk, it is not to the state or to TEPCO to dictate.
It's up to me to judge and to decide myself.



Notes
* Sado is an island that is located in the West side of Japan, in the Sea of Japan
** There will be only help for evacuees who accept to return to their former places of residence before the evacuation, as part of the return policy.
__

Posted on July 18, 2015 on Facebook by Hisao Seki,
living in the city of Nihonmatsu, Fukushima Prefecture

Via Nos Voisins Lointains 3.11_Les paroles des sinistrés nucléaires
Translated Japanese to French By Kurumi Sugita
& French to English by Hervé Courtois


●詩の投稿「福島で暮らす、ということは」
 17日、18日と東京に行ってきました。17日はまず、「告訴団」が検察審議会に対して原発事故の責任を明確にするよう起訴するための「激励行動」に 行ったものです。200人ほどの人が全国から集まりました。その後は参議院で院内集会。引き続き「子ども被災者支援法」を改定するという復興庁の説 明会に向けて赤坂でアピールと浜田副大臣を交えての説明会、そして国会前の行動に行ってきました。支援法を改定するとは、要するに支援法の中身をきちんと 実施しないまま、4年が過ぎて線量が下がったからこれに見合った支援の形を取っていくための法整備ですが、2017年には自主避難者の借り上げの家賃補助 を廃止、除染も終了、2018年にはADRを含むすべての賠償を停止するというものです。東京で一回、福島でやってあとはパブコメを集めて意見を聞いて終 了というものです。これは、戦争法を強行採決した安倍政権の方針と同じ路線のもので、「福島を見殺しにして戦争にひた走るアベ政治」と言えるものです。国 会前ではアベ政治に抗議する多くの人たちが集まっていました。18日は澤地久江さんが呼びかけた一斉行動で1時に「アベ政治を許さない」を全国で展開しま した。私もこれからは車に「アベ政治を許さない」を貼って宣伝しようとっています。
「 福島で暮らすってことは  」
                   2015年7月18日
ときどき イラッとする
福島産 食べちゃいけないって 言葉に
ときどき ムカッとする
福島のひとが 福島産 食べないで 
どうして 東京のひとが 食べますかって 言葉に
ふるえるほど 腹が立った 
「福島に 子どもを置くことは ヒトゴロシと一緒だ」 の言葉
だれが わが子 殺したくて ここに 置く
避難の権利 補償なかったら 出るに 出られねえべ
ナカムラさんの玄米 3ベクレル 
精米すれば 不検出 だから おれは食べた
除染した 公園の線量0,05 だから遊ばせた
土手はダメ まだ高いから 終わったら 手 洗って うがいして
なめたらダメ ヒバクすっから そのかわり
夏は佐渡で 思いっきり 外遊び させっからない
「はかる わかる 考え 決める」の くりかえし
福島で暮らすって そういうことなんだよ
線量も 下がったけんど 西日本とかの 
もともとと 比べたら やっぱし 高いのさ 限界あるのさ
だから 保養 行ったり 手当てしたり 気い使って 暮らしてんのさ
それをな 「20ミリシーベルトで問題ありません」とか
「2017年で住宅支援打ち切り」 「帰還者には支援」とか 
事故起こしたもんが 責任も 取らねえで 
きめる 打ち切る 放り出す
安全か どうかは 国や東電が決めるんでは ねえ
おれが 自分で 判断することなんだぞい
Post a Comment