Radioactive waste: Dumped and Forgotten - Chris Busby, John Large, Greenpeace - Contamination in Europe [Posted by arclight2011]
Tuesday, 1 October 2013

French System For Cleaning Fukushima Water Blamed For Leukemia, Polluted Beaches In Europe フランスによる福島原発汚染水の浄化システムは、ヨーロッパでは(多数の)白血病を生じさせ、浜辺も汚染してしまっている。


訳出 gungho-dynamoApr. 25 2011

The process a French firm will use to clean Fukushima’s radioactive water has been blamed for a leukemia cluster in France and for polluted beaches and irradiated waters from the English Channel to the Arctic Sea.

フランス企業(アレヴァ)が福島の放射能汚染水を浄化するのに使用しようとしているプロセスはフランス本国で多数の白血病を生じさせ、海辺の汚染ばかりでなく、汚染水を英仏海峡から北極海へ拡散させるものだと非難されてきたものだ。

 Areva SA has promised to remove up to 99.99 percent of the radioactive contaminants in 67,500 tons of water flooding the crippled Fukushima-Dai-ichi nuclear plant. It will use a co-precipitation method employed at its La Hague nuclear fuel reprocessing facility in Normandy.

アレヴァSAは、事故を起こしている福島第一原発にあふれている67.5千トンもの水から99.99%の放射能汚染物質を除去できると確約している。同社のノルマンディーにあるラ・ハーグ核燃料再処理施設で採用している共沈殿法を使うつもりらしい。

That process has been documented in detail by a French nuclear expert and by the U.S. government, which has shunned France’s fuel reprocessing method because of “a non-proliferation concern and environmental concerns,” in the words of Nuclear Regulatory Commission Chairman Gregory Jaczko.

フ ランスの原子力専門家および米国政府によって、そのプロセスの詳細が文書化されているが、米国のNRC委員長グレゴリー・ヤツコの言を借りれば、「拡散抑 止の有効性に疑問があり」また「周囲の環境汚染にも懸念あり」という理由で、米国においては、そのフランスの燃料再処理法は忌避されている。

The water treatment process has been deplored by environmental groups including Greenpeace and Physicians for Social Responsibility in part because of the quality of cleaned water it produces:

理後に生み出されるクリーンな水の質に問題ありとして、「グリーン・ピース」や「社会的責任を追及する物理学者たち(以下、PSR)」などの環境保護団体からも強く非難されている処理方法なのだ。

France reprocesses reactor fuel at the vast La Hague facility on the Normandy coast. The so-called low-level liquid wastes from reprocessing are discharged into the English Channel and into the air. However, these “low-level” wastes still contain highly radioactive and often long-lived isotopes. Dumping these same wastes into the sea in containers would violate the 1970 London Dumping Convention.”

ア レヴァ社は、ノルマンディー沿岸にある大規模なラ・ハーグ処理施設で核燃料の再処理を行っている。再処理の結果、いわゆる低レベル廃棄物が英仏海峡と空気 中に放出されている。しかし、この低レベルの廃棄物には依然として高い放射能を持ち、往々にして半減期の長い放射性同位体が含まれているのだ。これらと同 じ廃棄物をコンテナにつめて海洋に投棄したら、1970年のロンドン(海洋投棄)条約に抵触することになるだろう。

Areva treats contaminated water from reactor cooling systems by injecting chemicals that bind to radioactive isotopes and settle out.

アレヴァ社は、原子炉冷却装置から吐き出される汚染水に化学物質を注入し、放射性同位体を固着させ、安定化させることによって、それを処理する。

Areva has not revealed which chemicals it will use at Fukushima, but a 1995 report commissioned by the U.S. Department of Energy (pdf) details the process it uses at La Hague. According to DOE, Areva uses:

アレヴァ社は、今回、福島でどのような化学物質を使うかは明らかにしていないが、米国エネルギー庁(DOE)が1995年にまとめた報告書によると、ラ・ハーグでは以下のような化学物質を使って処理している。

nickel and potassium ferrocyanide to capture cesium

ニッケルとフェロシアン化カリウム:セシウム捕捉用

barium sulfate to capture strontium

硫酸化バリウム:ストロンチウム捕捉用

cobalt sulfide for ruthenium

硫化コバルト:ルテニウム捕捉用

titanium sulfate for antimony and other emitters of alpha radiation

硫酸化ティタニウム:アンティモニイほかアルファ線放射物質捕捉用

Areva also uses hydroxides of sodium, manganese, titanium, and iron, according to other sources. The chemicals and radionuclides are removed from the water in a highly radioactive chemical sludge.

ナトリウム、マンガン、ティタニウム、鉄などの水酸化合物も使用しているという。これらの化学物質や放射性核種は、高濃度放射性物質を含んだヘドロ水から抜き取られる。